院長のつぶやき

20.01.20, 23:37

駆け込み

この4月から多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が
先進医療から外れることが決まりました

それに伴い、生命保険各社が提供する医療保険の先進医療特約からも
多焦点眼内レンズ手術が除外されることになります

今年に入り、3月までになんとか多焦点眼内レンズの
手術を先進医療特約を使って行いたい

という問い合わせや受診が急増しています

(おそらく日本中の眼科の先進医療認定施設で
同じことが起こっているものと思われます)

中には保険会社の担当者から

「先進医療が使えるのは3月までですよ」

と教えられたから、なんだかよく知らないけど
手術を受けたい、なんて方もチラホラ^ ^

医療費が下りるうちになんとかしたい

という気持ちはよ〜く理解できます

確かに今まで多焦点眼内レンズ手術を受けられた方の
多くは先進医療に加入されていて、その費用の全額あるいは
一部が賄われていたようです

中には先進医療保険に複数社加入されていて

かなりなお小遣いをゲットされた人も^ ^

でもね

今までずっと手術を受けるかどうか、眼内レンズを
単焦点にするか、多焦点にするか迷っていた

という人ならともかく

他人に勧められたからとか、せっかく入っている保険を
使えるうちに利用しないと勿体ないとか

そんな理由で駆け込み的に手術を申し込もうと考えるのは
ちょっとどうなんだろう

と思う訳です

見え方に不自由がないのに手術をする必要は
ないのですね

水晶体に勝る眼内レンズは未だ存在しない

と僕は思っています

もし

白内障が進み不自由を感じていて、以前から多焦点眼内レンズの手術を
考えて悩んでいた(先進医療にも入っているんだけど)

という方は是非ご相談ください


スケジュールはパンパンですが、なんとかします^ ^


また明日!

posted by 院長   院長のつぶやき