設備のご案内


検査器械


  • スペキュラーマイクロスコープ

    角膜の内皮細胞を観察する器械です。

    白内障手術や緑内障、網膜のレーザー手術などの術前、術後で内皮細胞の変化を記録したり、角膜内皮特有の疾患の診断に使用します。

    スペキュラーマイクロスコープ
  • 眼底カメラ

    眼底の写真を撮る器械です。

    網膜、黄斑、視神経乳頭、網膜血管の異常など、眼底病変全般を撮影します。

    眼底カメラ
  • レーザーフレアーメーター

    前房蛋白濃度測定装置といいます。
    前房内の炎症の程度を調べる器械です。
    白内障術後や、レーザー治療後、ぶどう膜炎などで使用します。

    レーザーフレアーメーター
  • ハンフリーフィールドアナライザー

    自動視野計です。
    どのくらいの範囲が見えているのか、視野の広さを調べる器械です。
    緑内障や視神経炎、頭蓋内疾患、心因性視力障害などで使用します。
    また発見に一役買うときもあります。

    ハンフリーフィールドアナライザー
  • OCT

    光干渉断層計といいます。
    網膜や視神経の断面及び表面の形状を画像化し、評価することができる器械です。
    加齢黄斑変性や黄斑円孔、網膜前膜、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、緑内障など多くの眼疾患の診断に有用です。

    OCT
  • IOLマスター

    光学式眼軸長測定装置です。
    白内障手術時に眼内に挿入する人工レンズ(IOLといいます)の度数を決定するための器械です。
    レーザー光線を使って眼軸(目の奥行)の長さ、角膜のカーブ等を正確に測定します。
    目に器具が直接触れないため、患者さまの負担が少ない検査といえます。

    IOLマスター
  • 超音波Aモード

    超音波眼軸長測定装置です。
    こちらも眼軸長を測定するための器械です。
    患者さまの目に直接器具を接触させて測定します。
    光学式眼軸長測定装置では測定不能な、白内障の濁りが強い症例でも眼軸長を測定することができます。

    超音波Aモード
  • トポグラフィー

    角膜形状解析装置です。
    角膜(黒目の表面)の形状を計測し、乱視の強弱や角膜形状の異常を検出します。
    白内障の手術・前後、円錐角膜の診断などで使います。

    トポグラフィー

治療器械


切らずに治すのがレーザー手術です。
2種類の眼科用レーザーを用いてさまざまな疾患の治療に当たっています。


  • イエローレーザー
    • 糖尿病網膜症
    • 網膜静脈閉塞症
    • 網膜細動脈瘤
    • 網膜裂孔
    • 網膜はく離
    • 網膜格子状変性
    • 緑内障 など
    イエローレーザー
  • YAGレーザー
    • 後発白内障
    • 緑内障 など
    YAGレーザー
  • 超音波白内障手術装置(2台)

    白内障手術で使います。
    故障など、万が一の場合に備えてバックアップ機も常にスタンバイしています。

    超音波白内障手術装置

その他にも眼科器械がたくさんあります。
院内誌でもいろいろ紹介していますので興味がある方は是非読んでみて下さいね。