緑内障サンプル.jpg

緑内障診療のご案内

緑内障ページメイン.jpg

緑内障診療のご案内

緑内障診療のご案内

b_simple_124_7L.png

疫学的に40歳以上の20人に1人は罹患していることが判明している緑内障。その頻度は決して少なくありません。

徐々に視野が欠けてくる疾患ですが痛みなどはなく、かなり病状が進行するまで自覚症状が出にくいことが発見の遅れる要因です。

緑内障で欠けた視野は元には戻せないので早期発見、早期治療が重要です。

緑内障の治療は主に眼圧を降下させる点眼薬の使用によりその進行を抑えることです。

点眼で十分な治療効果が得られず、視野変化の進行が止まらないときは外科手術が必要になる場合もあります。

こなり眼科では診断から治療まで緑内障と向き合い、長い罹病期間を患者さまと共に闘います。

目の病気百科

お問い合わせはこちら  0120-5757-10