• 院長

ノーベル医学生理学賞

本庶佑先生、ノーベル賞受賞おめでとうございます!

『「自分が何を知りたいのか」ということを常に 考えながら研究をしてきた』 とテレビでインタビューに答えていました さらに先生が何十年か前に受けたインタビューも 紹介され、そこでも同じことを語っていたのです 全くブレがないんですねえ

ノーベル賞を受賞する人は頭の構造が 我々凡人とは全然違いますね 自分が何を知りたいか そんなこと考えたこともない気がします^^; 毎日どうでもよいことを知りたいということは もちろんありますが 過去から現在まで、一貫してずーっと 知りたいことってなんだろう? そもそもそんなのあるかなぁ う~ん、分からん^^;