• 院長

修理不能

院内にはさまざまな医療機器があります

大抵の器械は開業してからの20年の間に 新型のものに更新してきました 故障と修理を繰り返し、最後は部品の供給が 途絶え、やむなく入れ替えたものもあります でも今まで1度も壊れることなく、全く メンテナンスフリーで頑張って来た器械も 超優等生ですね

あと20年は余裕だろうと思っていた矢先 メーカーから1通の封書が届きました サポート機関はとっくに過ぎ、部品ももう なくなったので何かあっても修理はできません という内容です(T_T) う~むどうしよう と、悩んでもしょうがないのです 永年使用のマイカーと異なり^^; 不利益をこうむるのは患者さまです 使用中に突然壊れるかも知れないことを 考えると、買い替えるしかないのですねえ 早速ディーラーの担当に連絡をして 新しい器械の見積もりを依頼しました やれやれ、です^^; という訳で 明日はこなり眼科の手術日です 気合を入れて頑張って行きましょう!