• 院長

結膜嚢胞

白目にできる水ぶくれに「結膜嚢胞」が

あります。


結膜の下にミカンに例えるなら果汁を貯めた「さのう」のように透明な液体を貯めた袋ができるのです。


詳しく知りたい方は他のサイトで

学んでください(^^)


多くの場合放置しても害はありませんが、

見た目が気になるとか異物感を訴えるときは摘出します。


注射針でプスッと穿刺すれば袋は一瞬で

ペシャンコになり、一件落着となりそう

ですが、すぐに再発してしまいます。


そこで中に液体を入れたまま袋ごとの

全摘を毎回目指します。


ところかこれがなかなか難しいんです。


大抵途中で袋が破け液体が外に出ちゃうと

透明な袋と結膜の区別がつかなくなって

何となく終了!


ということがほとんど(^^)


今まで全摘に成功したことは

数えるほどしかありません。


決して僕が下手くそという訳では

ありません(そう信じたい)。


それが先日、久しぶりに上手く

できたのです。





「ほら、こんなのがとれましたよ」


当然のような顔で鑷子でつまんだ

嚢胞を患者さまに見せながら

内心は大喜び。


写真じゃこの感激は伝わらない

だろうなあ(^^)