• 院長

4種類

他県からこなり眼科を初診した50代前半の

Aさん

両眼とも充血しています 白内障、緑内障、ドライアイの診断で 4種類の点眼を1年間さしているそうです 「緑内障の目薬をさすと充血して 起き上がれなくなるくらい気持ち悪くなるんです」 「じゃあささなきゃいいのに」 「でもささないとどんどん緑内障が 悪くなるっていわれて」 いろいろと検査しました 白内障はあるといえばあるかな という程度 視力も良好です ドライアイはありません 「目が乾くんですか?」 「いえ別に」 「確かに眼底を見ると緑内障を疑わせる変化は 出ていますね」 「やっぱり」 「でも白内障とドライアイの目薬は僕だったら 出しませんね」 「本当ですか?」 「だって大変じゃないですか?4種類も 目薬さすの」 「すごく大変です」 「緑内障の薬だって気持ち悪くならない他の 目薬を試してみればいいんですよ」 「そんなのあるんですか?」 「ありますよきっと」 しばしば書いてますが こなり眼科では処方する点眼は3種類までと 決めています

それ以上出してもまともにさせないと 思うからです 自分で試してできなかったので^^; 自分ができないことを人に押し付けちゃ ダメですね たまに7~8種類もさしている(恐らくさしてない)患者さまを 見かけることもあります とんでもないことです Aさんの4種類の目薬は 1日1回夜 1日2回朝・夜 1日3回 1日6回 というさし方を指示されていました 4つとも同じさし方でいいならまだしも 全部違うなんて・・ まして仕事もまだまだ現役の50代です 絶対ムリに決まってます(キッパリ!) 皆さんもさせないときはハッキリと 断りましょう! 「そんなにさせないから減らしてくれ」 医療費の無駄を減らしたいものです という訳で 明日はこなり眼科の手術日です 気合を入れて頑張って行きましょう!