• 院長

柿畑

生まれてから10歳までを川崎で過ごしました

近所の子供たちと近くの田んぼや池にザリガニや カエル、ドジョウなどをよく捕まえにいったものです でもそんな遊び場はもうとっくに住宅地になり 面影さえ残っていません そして自宅のすぐ隣には大きな柿畑がありました こっそり入り込んでかくれんぼをしたり セミやカナブンをつかまえたりして遊んでいると 持ち主のお爺さん(おじさんだったかも^^;)が 「コラ―っ!」 慌てて逃げたものです この柿畑は小田急沿線にあり、車窓から見えるので 通る時はいつも見ています 「お、まだある。よしよし」 でも各駅停車駅のそばで急行だと 一瞬で通り過ぎるので気を抜けません^^;

ところが残念なことにこの畑もついに なくなることになったそうです 相続の関係だそうで(よくある話です) 駅近のまとまった土地なので きっと跡地はマンションになるのでしょうね 他人の土地なのでどうこう言えた立場では ありませんが わずかに残された少年時代の思い出の地が なくなるのは寂しいものです で、たまたま近くに用事があったので 写真を撮って来ました 全く手入れをされずに荒れ放題の畑で 柿が勝手に実をつけていました あ~ここで皆で走り回ったんだよなぁ 50年近くも前のことです しんみり^^;