• 院長

無茶

連日の猛暑です

テレビでは盛んに不要な外出はするな 家の中ではエアコンをつけろ と、注意を促しています もちろん僕も日中はクリニックで 夜は家で冷房の中じっとしています なのに 「庭で草むしりしてたら暑くて具合悪くなって」 「植木の木を切ってたらフラフラになって・・」 そんな患者さまが結構多いのに驚きます しかもそのほとんどが後期高齢者^^; 無茶にもほどがありますよね

「こんなに暑い昼間に外で作業なんて あまりに危険ですよ」 「でも草が伸びて」 「そんなもの、ほっときゃいいんですよ いつか枯れるんだから」 「でも気になって」 「熱中症になって死んじゃいます」 「あはは」 全然自覚がない^^; 何故なんでしょう? 台風が来ている時に畑の様子や川の様子を 見に行って犠牲になるのも大抵は高齢者 熱中症もそう メディアがこれだけ注意しても 他人事にしか聞こえないのかな? 「自分だけは大丈夫」 そんな慢心があるのでしょうか 困ったものです