• 院長

音声

眼の異物感を訴えてこなり眼科を初診したAさんは

生まれつきの全盲です(本人談) 「いつも先生のブログ読んでますよ」 「え?いったいどうやって読んでいるの?」 「音声立ち上げソフトを使うんです。文字を 音声に変えてくれます」 「へええ、そんなのあるんだ。知らなかった」 「うふふ」 自分も含めて眼科医は視覚を守ることには 一所懸命ですが 視覚障害者に対する認識は非常に 乏しい現実があります

点字くらいしか思いつかなかった自分が 非常に恥ずかしいです^^; これだけITやAIが発達している昨今 視覚支援だってどんどん進化するのは当然だし そうなるべきですね 最新の知識を得ておかないと Aさんに笑われちゃいますね ちょっと反省^^; という訳で 明日はこなり眼科の手術日です 気合を入れて頑張って行きましょう!