2423415_l.jpg

白内障手術のご案内

白内障日帰り手術

b_simple_124_7L.png

眼の中の透明で光を網膜に集める役割をする水晶体。この水晶体が混濁した状態が白内障です。白内障により視力低下やまぶしい、物が二重に見える、疲れるといった症状が現れます。これらの症状が日常生活に影響を与えるようになったら手術を検討します。

濁った水晶体を取り出し、代わりに透明な人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入します。

眼内レンズには保険適応の単焦点レンズ、保険適応外(選定療養)の多焦点レンズ (2焦点レンズ、焦点深度拡張型2焦点レンズ、3焦点レンズ)など、さまざまな種類があり、こなり眼科でも多くのレンズを取り扱っています。患者さまと十分に相談し、ライフスタイルなどを考慮しながら最適なレンズを選択していきます。詳しくはお問い合わせください。

DSC_0066-min.jpg

お問い合わせはこちら  0120-5757-10