2423696_m.jpg
多焦点ページメイン.jpg

多焦点眼内レンズのご案内

b_simple_124_7L.png

こなり眼科では多焦点眼内レンズを取り扱っております。
従来の眼内レンズは単焦点のため手術後に裸眼で見える範囲は限られ、それ以外の距離のものを見るときには眼鏡が必要となります。

一方、多焦点眼内レンズは「遠近両用メガネ」の眼内レンズ版ともいえるもので、手術後に遠くと手元の両方にピントが合うレンズ設計になっています。
そのため術後に眼鏡が必要になる場面が大幅に少なくなることが期待できるものです。

令和2年4月から多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は、 厚生労働省が定める選定療養の対象になりました。

多焦点眼内レンズの見え方

ライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

多焦点眼内レンズには種類がございますので、詳しくは当院までお問い合わせください。

多焦点眼内レンズを使用する白内障手術の選定療養について

日本では2007年より多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が始まり、2008年より先進医療となりました。当院では2009年に開始し、2010年に東京都で18番目、全国で107番目に厚生労働省の認可を受けました。以来10年間で1,000件の豊富な実績があります。

 

2020年よりこの手術は先進医療ではなく、選定療養の対象となりました。選定療養とは患者様ご自身が選択して受ける追加的な医療サービスで、その追加費用は全額自己負担となる制度です。

 

詳細な説明をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

白内障手術の費用

通常の保険診療

多焦点眼内レンズ代

全額自己負担

​詳しくは当院までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら  0120-5757-10