DSC_0065-min.jpg

ごあいさつ

院長のごあいさつ

b_simple_124_7L.png
DSC_0055-min.jpg

「患者様が自然と笑顔になる、そんな眼科を目指したい」

 私の義父、西村喜夫が町田で『にしむら小児科』を開業したのが昭和47年。平成28年に閉院するまでの44年間、地域医療に貢献してきました。彼に誘われる形で私は平成10年、1998年にこの町田の地に『こなり眼科』を開業しました。以来23年の間に6万人の患者さまに受診していただきました。そして1万1000件に及ぶ手術実績を上げることができ、地域の眼科医療に多少なりとも貢献できているのかな、と自負しています。これもひとえに『こなり眼科』を応援して下さる皆さまのお陰です。本当にありがとうございます。

 最近では開業当初に受診された小学生の患者さまが大学生になり、社会人になり、結婚して子供ができ、今度はその子の受診の付き添いでやってくる、そんな世代を超えたお付き合いができるのも楽しみの一つになってきました。

これからもより一層地域の皆さまのお役に立てるよう安心、親切、丁寧、正確な医療を心掛けてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

院長 小成 賢二(こなりけんじ)

こなり眼科ご紹介ムービー

こなり眼科ご紹介ムービー